深夜の団地で野外排便する変態OL その1 | 女子便通信

深夜の団地で野外排便する変態OL その1

野外排便が大好きな23歳のOLです。

今まで深夜にマンションの廊下や階段、自転車置き場などでうんこをしていました。

外でうんこするのって、誰かに見られてしまうかもしれないというスリルがあって、とても興奮するんです。

ある夏の夜、近くの団地まで足を延ばし、寝静まった団地の中でうんこをしてきました。

そこは公園を中心に団地ビルが円形になって建ち並んでいます。

私はノーブラのTシャツ、ミニスカートの下に何も着けないで外出しました。

胸をドキドキさせながら団地に入ると、緊張のためか便意を感じ始めました。

その日は夜の野外排便のために、朝からずっとうんこを我慢していたんです。

一日腸内で発酵させると、とても臭いうんこが出ます。

アヌスに激しい疼きを覚えながら、私は団地の中央にある公園に向かいました。

やっと公園に着くと、お尻が丸見えになるように、ミニスカートをいっぱいに捲り上げてしゃがみました。

涼しい夜風がオマ○コとお尻を撫で、ゾクゾクッと快感が走りました。

見上げれば、星ひとつない夜空を背景にそそり立つ団地ビルの群れ。

ほとんどの部屋は明かりが消えていますが、いくつかの部屋はまだ明かりがついています。

激しい勢いでオシッコが吹き出しました。

家を出る前に缶ビールを1本空けたのが効いたのか、濃い琥珀色の尿がとめどなく溢れ出てきます。

熱い日が続いているので、ビールを飲む量が増えて、この頃のオシッコにはほんのりとアルコールの匂いがします。

その2に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする