官能小説

辰夫は、たっぷりと唾液を含ませた舌で肛門を舐め回し、舌先をねじ込んだ。 「ああ……ン、ダメ ...

官能小説

ある春の日の夜。 都内にあるお花見スポットとして有名な公園を、一組のカップルが歩いていた。 ...